ブログカテゴリ:2014年11月



30日 11月 2014
世界を広げるヒント、第48回は里山資本主義(藻谷浩介著)です。 お金にのみ価値を置いた資本主義に異を唱え、便利な都会ではなく、地方であってもより豊かな生活ができるのでは?と提言する本です。 基本的な考え方は、お金の消費をこれまでよりも少なくし、その分、必要なものを買わずに暮らそうというもの。...
23日 11月 2014
世界を広げるヒント、第47回は大いなる遺産(アルフォンソ・キュアロン)です。 原作はディケンズの小説ですが、今回は映画の方を取り上げたいと思います。 あらすじは、主人公(イーサン・ホーク)が幼い頃にどこか不思議で異質な感じのする屋敷で出会った少女(グウィネス・パルトロウ)と別れ、また時を経て邂逅する物語です。...
16日 11月 2014
世界を広げるヒント、第46回はどくとるマンボウ航海記(北杜夫著)です。 作家兼医師の北杜夫が船医として5ヶ月間、世界を回遊した際の航海記です。 旅というものが自由を感じさせることはあるのでしょうが、非常にユーモラスに人生を楽しんでいる様が読み取れます。...
09日 11月 2014
世界を広げるヒント、第45回は17歳のための世界と日本の見方(松岡正剛著)です。 松岡さんは日本の文化研究をしている方です。 私が知ったのは東京駅の丸善でユニークな本棚空間を作っていたことから。 縦に並べるだけでなく、横に積み重ねたり様々な空間配置をするその世界がとても新しく感じられました。...
02日 11月 2014
世界を広げるヒント第44回は変身(カフカ著)です。 あらすじくらいは聞いたことがあるでしょうか。 「変身」は普通の社会人が突然、大きな虫へと姿を変えてしまう小説です。 この小説の何が新しいかと言うと、虫になってしまったことに、何の象徴的な意味が無いところでしょう。 私は高校時代、文学を学校の授業で教わっていました。...