2)夢の実現


①理論

□考え方

 

前章より、夢=本質的欲求です。

 

よって、夢を実現することは本質的欲求を満たすことと同じと言えます。

 

本質的欲求を満たすものを探し、目標として設定することが必要です。

 

 

□目標の設定

 

たとえば本質的欲求が「自分の力で生きたい」なら「起業する」「一人暮らしをする」と言うように、目標は大きいものから小さいものまで考えられるでしょう。

 

ここでおすすめするのは数年単位で達成できる目標を掲げることです。

 

小さい目標の場合、簡単に達成してしまうためやりがいが得られず、適していません。また、壮大な目標だと、途中で挫折してしまう可能性が高く、また自分自身の状況も大きく変化する可能性があるため、あまりおすすめできないからです。

 

  

□目標の進行

 

目標を決めた後にどのように進んでいくかについては、仮説・検証を繰り返していきます。

  

「この行動をしたら、この結果が生まれる」という仮説を立て、実行します。

 

次に、結果を見てうまくいかない部分があればやり方を見直して次の行動を修正する。

 

この繰り返しです。計画・行動・修正とも言えます。

 

商品開発などでも採用されている「何かを達成するため」の一般的な方法です。

 

②実践

【方法】

夢を実現する方法について、当サイトでは以下の流れで行うことを推奨します。

 

STEP1

本質的欲求達成の状態をイメージする

→自分の本質的欲求をどのような手段で達成しているかイメージします。

 

STEP2

達成するまでのプロセスを書く

→5年後にそれが達成されていると仮定し、半年か1年刻みでプロセスを書き出します。

 

STEP3

実効性があるかチェックする

→自分の好き(熱意)・得意を踏まえて自信が持てるか、資源(リソース)が準備できそうかチェックします。

 

STEP4

計画・行動・修正のサイクルを回す

→具体的な計画を立て、行動し、修正するステップを回します。

 

*書くのは簡単ですが、そうスムーズに進むものではありません。なかなかうまくいかなかったとしてもそれが当然です。一歩一歩、進めていくことが大切です。

 

【ツール】

*構想中です。以下参照ください。


まとめ

本章「夢の実現」のまとめは以下の通りです。

 

○夢を実現する手段に正解はない。

○夢は4つのSTEPを踏むことで実現することができる。

○スムーズに進むものではない。一歩一歩、進めていくことが大切。


ツール

*現在構想中です。ホームページ上で簡易に書くと上記となるのですが、詳細の手順をまとめ、行いやすいツールにする必要があると思っています。確定ではありませんが、書籍とツールの組み合わせでまとめようと考えております。おそれいりますが、しばしお待ちください。(お急ぎの方はコンタクトページからお手数ですがご連絡をお願いいたします)