30日 5月 2019
仕事をするときに大事にしたいと思っているのは、新しい価値を生んでいるかどうか。 0から1を生むという考え方がある。 新しいジャンルを作ることは0から1を生む。 既存のジャンルの中で新しい商品を作ることは、0から1を生むことではないだろう。 しかし後者がダメかというとそんなことはなくて、そこにニーズがある以上、立派な仕事だと判断できる。...
30日 9月 2018
人から勧められるよりは、自分で本を選んで読んで行こうと思っているのですが、サピエンス全史は普通に面白かったです。やはり何事にもこだわりすぎてはいけませんね。 さて内容の一部を紹介しますが、私が注目したのは「虚構」についてです。...
24日 9月 2018
文豪泉鏡花 × 球体関節人形展に行ってきたこともあり、今回は泉鏡花の高野聖(こうやひじり)を紹介したいと思います。 高校の授業で習った時の感動も深く、いつか話したいなと思っていました。 さてその内容について。 泉鏡花の作品は異界が出現してくる、あの世が見えてくるようなところがあり、高野聖もその特徴を持っています。...
16日 9月 2018
本日紹介するのは19世紀のデザイナー、ウィリアム・モリスの「ユートピアだより」です。 モリスと言えば自然をモチーフにしたデザイン柄が有名ですね。しかし、デザインだけではなく、政治活動や文筆活動も精力的に行っていました。ここではそのうちの文筆活動をご紹介しようと思います。...
09日 8月 2017
今年の長期休暇は5日間、土日を入れて合計9日間の休みを取った。 行き先は近場の海外。子どもが小学生ということもあって、プールや海など水の遊びがメイン。忙しい動きはしなかった。 ジェットスキーやバナナボートなどアクティビティはもちろん楽しかったのだが、実はもっと楽しかったのは「考えること」だ。...
09日 7月 2017
最近、劣化という言葉を目にすることが多い。昔に比べて・・、全盛期に比べて・・など。 おそらくは彼(彼女)が昔見ていた憧れとしてのその人があって、それと比べているのだろう。しかし、あまりな表現ではないかと思う。 年を経ると、若い頃なら許されていたことが許されなくなってくる。思い通りにいかないことも多いだろう。...
17日 6月 2017
最近よくGLIM SPANKYというバンドの歌を聴いている。 その中で「話をしよう」という歌の歌詞が心に沁みたので記したいと思う。 言っていることはこうだ(もちろん自分の解釈もあるので「こう思う」ということだ)。 いつもみんな、心の中で想って、相手に何か伝えたいことがあっても口に出さない。 それは相手のことを考えて、迷惑をかけないようにしているか。...
03日 6月 2017
東京の路線は複雑だ。 沿線がいくつもあり、どの線とどの線がつながっているのか、目的地にどうすればたどり着くのかよく分からない。何を隠そう私もその口だ。 しかし、最近は乗り換え案内アプリが発達していて、乗る駅と降りる駅を入力すれば確実に経路が分かる仕組みになっている。素晴らしいことだ。...
28日 5月 2017
隙間時間に何かをしようとする必要はないのではないかという考え方がある。 とはいえ、何もしないでいるのは苦手なので、癒される動画を求めてアプリを探すと、育成ゲームというジャンルが見つかった。 クラゲ、マリモに始まり、ケサランパサランなんてものまである。どうやら癒しのジャンルではあまり表情のないものが好まれるようだ。...
20日 5月 2017
静かにPCに向かっているのが好きだ、というのは前にも言っただろうか。 今もそうだ。自分の好きな音楽をかけながらアプリを作り、ブログを書いているのだ。音楽をかけているのだから正確には静かとは言えないか。 マンションの外ではさわやかな風が吹いている。カーテンが揺れている。そして音楽が流れている。...

さらに表示する