ブログカテゴリ:background



09日 4月 2017
表裏一体のキャラクター紹介、最後は子ブタとオオカミだ。 人間以外のキャラクターを考えたとき、おとぎ話のキャラが良いのではないかと思った。なかなか案が出ない中で思いついたのがこの組み合わせである。三びきの子ブタのキャラたちだ。...
01日 4月 2017
前回に引き続き表裏一体の登場キャラクターを紹介する。 天使と悪魔、白猫と黒猫に続く3組目は王子様とお姫様だ。王子様がナルシストという設定である。自分は素晴らしい、世界は私のために回っている、周りの人も自分のおかげでよかったな、という口振りだ。...
26日 3月 2017
表裏一体のキャラ選択をこのたび無料にした。認知用に特化させると決めたためユーザの皆様にはサービスとなる。 (課金いただいた皆様、ありがとう。おかげでサービスが続けられています。) 今回と次回にかけて、そのキャラを少し解説していきたい。 まず、キャラを考える前提だが、アプリのストーリー上、何か対になるものがいいと思っていた。...
18日 3月 2017
人間関係を改善するアクションとは何か。 言葉だ。 声をかけることはコミュニケーションだ。 最初のアイデアであったのは「ありがとう」相手に感謝を伝える言葉だ。 とてもよい言葉で、あなたのおかげで助かったよという気持ちが伝わっていく。 しかし、「ありがとう」はシチュエーションが必要で、毎回自然に言えるものではない。...
11日 3月 2017
セイハローはあいさつで人間関係を改善するアプリだ。 アプリ開発の企画段階でテーマは関係性の改善と決めており、そこから手段を決めるというアプローチを行なった。 難しいのは、人それぞれでシチュエーションが違うことだ。またアプリなのであまり複雑な機能にはしたくない。 最終的に採用したのがあいさつである。...
05日 3月 2017
人の全ての悩みは人間関係の悩みである。少し前から流行している心理学者アドラーの言葉だ。 家族、恋愛、職場、学校・・自分が所属する多くの場所に否応無しに人はいて、中には関係がうまくいかない人がいてみな困っている。...
25日 2月 2017
ドリームメーカーをプレイしてみて、思った答えがすぐに出ないと感じる人は多いのではないか。 たとえばSTEP1で適当に選択肢を選んだ場合でもSTEP2には進めるが、途中で何か違うなと思いはじめるだろう。そうすると結局は元のSTEP1に戻ることになる。この時点で面倒だと感じることは容易に想像できる。...
18日 2月 2017
夢を見つけたいという悩みを持つ人はとても多いと思っている。言い方を変えると「やりたいことが見つからない」だ。 自分自身もやりたいことが見つからなかった口である。 どんな楽しいことをしても、どこか満たされず不満は溜まっていく。けれど、いくら考えても探しているものは見つからない。辛く苦しい気持ちだったように思う。...
12日 2月 2017
ドリームメーカーは自分の望む未来を見つけるアプリだ。 「自分がこれからどうしたいか」たった一文のこのシンプルな問いが奥深く、簡単にはわからない。一番理解しているはずの自分のことなのに、考えれば不思議なことだ。...
05日 2月 2017
表裏一体は天使と悪魔をモチーフにしている。 良いこと(天使)と悪いこと(悪魔)を対比しているのだ。 悪魔がネガティブに物事を見ているのに対して、天使はポジティブに捉えている。どんな物事でも見方次第であり、前向きに捉えようというアプリの精神を天使は体現している。 面白いのはキャラの性格としては、天使の方が悪魔よりも悪く見えることである。...

さらに表示する