サンタクロース

クリスマスにはサンタクロースがやってきてプレゼントをくれる。

 

それを信じている子供が、小学校中学年くらいまでは多いらしい。

 

理由は、親がサンタクロースはいるよ、と子どもに教えているからだ。自分でプレゼントを買っているそぶりは決して見せない。

 

 

なぜサンタがいると教えなければいけないのかと聞けば、「夢があるから」と答えは返ってきそうだ。

 

だが、あまり因果関係は強くないように思われる。自分が小さいころ楽しみにしていた、その気持ちを味わってほしいという思いが一番大きな理由なのではないか。

 

 

そんなことを言っているとサンタ不信心者のように思われるかもしれないが、私は信じていた口だ。

 

ただある日、メガネをかけたサンタが(煙突ではなく)玄関から、さらにインターホンを押して入ってきたことがあった!そのとき、これは怪しいな・・と考えたのを今も鮮明に覚えている。(言うまでもないがそういうサービスを親が一度だけ使ってくれたようだ)

 

 

さて、いま我が家と言えば、小2の息子は既にサンタを信じていない。

 

例外はどこにでもあるようで、妻の家庭ではサンタがクリスマスにプレゼントをあげる習慣がなかったからだ。それが代が替わっても受け継がれている。

 

 

しかし、ではクリスマスが楽しみではないかというと、そうでもない。

 

誕生日以外に公式にプレゼントを買ってもらえる日として、子どもも、そして親も楽しみにしている。