新入社員と迎える人たち

 

4月に新入社員を迎えるという会社は多いのではないか。

 

活力、新しさ、緊張、期待。多くのものを持って彼らはやってくる。廊下ですれ違えば元気なあいさつを、話す言葉は若々しく、ぎこちない自己紹介は微笑みを生む。

 

外国では秋に新年度が始まったりするというが、日本は春だ。冬の終わりとともにやってくる新人は日本の会社の、春の風物詩と言えるのではないか。

 

先輩社員としては、春のさわやかさは無理でも、夏のギラギラ感くらいは持っていたいものだ。