経年変化

 

最近、劣化という言葉を目にすることが多い。昔に比べて・・、全盛期に比べて・・など。

 

おそらくは彼(彼女)が昔見ていた憧れとしてのその人があって、それと比べているのだろう。しかし、あまりな表現ではないかと思う。

 

年を経ると、若い頃なら許されていたことが許されなくなってくる。思い通りにいかないことも多いだろう。

 

そうやって経験値を積んでいくとともに、見た目の若さは自然と失せていく。当たり前の話だ。

 

一方、その中で心はきっと成長しているのではないだろうか。

 

前と変わらずにずっと仕事をして、作品を発表し続けている人ならなおさら確実だ。経年変化するのは身体だけではない。心もなのだ。

 

と言いながら自分のことを顧みると、懲りずに前からの夢を追いかけている。

 

これって、先ほどの話と矛盾するようだが、単に成長していないということだったりして。。