ー background & moon life (エッセイ)

サピエンス全史(ユヴァル・ノア・ハラリ)

人から勧められるよりは、自分で本を選んで読んで行こうと思っているのですが、サピエンス全史は普通に面白かったです。やはり何事にもこだわりすぎてはいけませんね。

 

さて内容の一部を紹介しますが、私が注目したのは「虚構」についてです。

 

「私たちは虚構を信じて生きている」。筆者によると、集団を組織するには虚構を使う必要があり、そうしてホモ・サピエンスは世界の王になったと言うことです。

 

理屈はこうです。一人一人をよく知って組織を保つには150人が限界。それ以上の組織を作るには全員が信じる虚構を作る必要があります。

 

例えば会社であれば、会社内のルール、席の配置、上下関係など。こういうものは実は実態が存在せず、それを存在すると皆が信じていることで初めて会社が成り立ちます。もっと言うと、会社の存在自体が虚構であると言うことなのです。

 

そして、会社だけではなく、国、法律など全てに実態が存在せず、我々が信じている虚構だと筆者は説きます。

 

確かに、国や法律などに実体はありません。でも我々はそれがあると信じている、だから虚構だと言うことです。

 

そう考えると、確かに我々は実体の存在ではなく、信じることによって生きている。その通りだなということが理解できます。

 

 

それだけでも少し怖いのですが、さらに読み進めていくと、我々が信じている価値観も虚構であり、そこに絶対性がないと言うことが書いてあります。ここが私が一番怖かったポイントです。

 

ハンムラビ法典があった国、時代では目には目にをという考え方を皆が信じていた。

私たちが人類は生まれながらに平等(であるべき)と信じている。

ではどちらが正しいのか?答えは、どちらも虚構であり、絶対性などというものはないと言うのです。

 

だとしたら、いま私たちが信じている価値観が後の時代でも正しいと信じられるとどうして言えるでしょうか?

 

よくよく、常識も疑って考える必要がありそうです。(もちろん、皆が信じることでうまく成り立っていると言う事実も忘れずに・・)

高野聖(泉鏡花)

文豪泉鏡花 × 球体関節人形展に行ってきたこともあり、今回は泉鏡花の高野聖(こうやひじり)を紹介したいと思います。

 

高校の授業で習った時の感動も深く、いつか話したいなと思っていました。

 

さてその内容について。

 

泉鏡花の作品は異界が出現してくる、あの世が見えてくるようなところがあり、高野聖もその特徴を持っています。

 

旅で山奥に入った僧が出会う美女。精神に障害を持った男を夫に持ち、山の動物(巨大な蛭を含む)で痛んだ身体を風呂場で洗って癒してくれます。

 

ところが、その美女には誘惑にかられた男を動物に変える力があるのです。さて男は・・というあらすじです。

 

ストーリーも面白いのですが、感動があるのはその世界観。山、美女、動物、僧、変化と、異界の地に踏み込んだような感覚がこの小説を読むと感じられます。

 

そして不思議なのは読んでいる間、この超現実がそんなに離れたものではなく、この世の少し向こうにある。つまり決して遠い世界のことではないと感じられることです。

 

現代社会はそのような異界は目に入らないように作られています。目に見えるものだけ信じる(例えば数字)ことを信じこまされているとも言えるでしょう。ところが、その少し向こうには異界がある。そう考えると、世界が広がっていくような気がしませんか。

 

本日も読んでいただいて、ありがとうございました。

ユートピアだより(ウィリアム・モリス)

本日紹介するのは19世紀のデザイナー、ウィリアム・モリスの「ユートピアだより」です。

 

モリスと言えば自然をモチーフにしたデザイン柄が有名ですね。しかし、デザインだけではなく、政治活動や文筆活動も精力的に行っていました。ここではそのうちの文筆活動をご紹介しようと思います。

 

話は小説仕立てになっていて、19世紀の人間が22世紀にタイムスリップ、そこがウィリアム・モリスの考えるユートピアになっています。その世界を通じて、モリスが持つ「幸せの価値観」が伝えられます。

 

少しだけ世界をご紹介すると。

 

・美しいものに囲まれた世界。機械よりも芸術、ボート、草刈りなどに楽しさを感じている。

 

・生活は派手ではないが、毎晩演奏が駅前で行われるような楽しさに溢れている。

 

・自発的に生産がなされていて、お金のやりとりなどはない。

 

・ストレスがなく美しいものに囲まれているため人は20年くらいも若く見える。

 

 

どうしてこうなった?については闘争の結果が説明されていますが、私は経過よりもいくつか注目すべき価値観をご紹介したいと思います。

 

・「すべての仕事がいまでは楽しめるものになっている」仕事は楽しいから行なっている。

 

・仕事自体に繰り返し行いたくなる要素があったり、創造するケースが多くそれ自体がご褒美。

 

・美しさを愛でる。装飾など芸術を楽しんでいる。「良いところですよ、建築が見事なため」と言った褒め言葉。

 

 

何が本当は理想なのか、現実で考えることはなかなかありませんが、この本を読むと「こういう価値観もありだな」と思えるものがきっと発見できるでしょう。デザイナーでもあるモリスの考えた美しさ、芸術をまとったユートピアに足を踏み入れてはいかがでしょうか。

少食男子のレベル1クッキング(初週)

初心者・やる気なし・食べるのが好きではないと3拍子揃った男子が料理を行なった記録です。

男子向け料理本は自分にはハードルが高くネットで作り方を検索。

簡単・好き・一言で言えるという観点でメニューを選びました。

 

8月4週、9月1週の記録です。

 

バターコーン

https://cookpad.com/recipe/1626519

ぶつ切りきゅうり

https://cookpad.com/recipe/5113492

目玉焼き

https://cookpad.com/recipe/1975826?psm_fnr=1

→油の量

→卵の落とす位置

→時間多すぎ

ししゃも

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/sakanaya-sandaime/17-00254

ウィンナー

*商品袋に書いてあったように油を敷かずにコロコロ転がしたのみ。

唐揚げ

https://cookpad.com/recipe/5070871

ほうれん草のおひたし

http://www.kikkoman.co.jp/homecook/college/sub/ohitashi.html

カレーライス

*商品袋に書いてあった通りに実行。

①人参・じゃがいも1個半、玉ねぎ2個を乱切り

②油を敷いて炒める。玉ねぎがしんなりするまで

③鍋に水を600ml入れて具材を移し沸騰させアクを取る

④ブイヨンペースト(付属のタレ)を入れて15分煮込む

⑤カレールーをバラして入れて10分煮込む

 

続きを読む

ぶつ切りきゅうり(続いた!)

繰り返すが、食べることが好きではなく、料理への興味が少ない。

それでも子どものために作る必要がある。

 

昨日のコーンバターの流れを維持するために、今日も作ることを決心。

とにかく「続ける」ことが目的なので、あえてもっと簡単な料理に挑戦することにした。

 

結果が、こちら。

続きを読む

海外旅行と時の大切さ

 

今年の長期休暇は5日間、土日を入れて合計9日間の休みを取った。

 

行き先は近場の海外。子どもが小学生ということもあって、プールや海など水の遊びがメイン。忙しい動きはしなかった。

 

ジェットスキーやバナナボートなどアクティビティはもちろん楽しかったのだが、実はもっと楽しかったのは「考えること」だ。

 

これから人生をどうしたいのか、どんな風に仕事をしていきたいのかをフラットな頭で考えることができた。

 

そして、そうしている時間が格別なのである。

 

会社に行って資料作成などに頭を使っていないので、本当に考えたいことを考えることができる。

(別に資料作成が悪いと言っているわけではない)

 

時間が短くても、それ以外の時間に余計に頭を使っていないので、頭がフル回転する。

これは今さらではあるが、発見であった。


(戻ってきてから色々なことの進みが鈍化しているのは、別のことに頭を使っていることが原因だと実感する)

 

もし、自分で仕事をするという選択肢を取ることになれば、これが日常になる。


もっと多くのことを自分はできるのではと思えた。

 

ただその場合、色んな意味で、もうそう簡単に海外旅行など行けないのだろうなぁ。。

 

経年変化

 

最近、劣化という言葉を目にすることが多い。昔に比べて・・、全盛期に比べて・・など。

 

おそらくは彼(彼女)が昔見ていた憧れとしてのその人があって、それと比べているのだろう。しかし、あまりな表現ではないかと思う。

 

年を経ると、若い頃なら許されていたことが許されなくなってくる。思い通りにいかないことも多いだろう。

 

そうやって経験値を積んでいくとともに、見た目の若さは自然と失せていく。当たり前の話だ。

 

一方、その中で心はきっと成長しているのではないだろうか。

 

前と変わらずにずっと仕事をして、作品を発表し続けている人ならなおさら確実だ。経年変化するのは身体だけではない。心もなのだ。

 

と言いながら自分のことを顧みると、懲りずに前からの夢を追いかけている。

 

これって、先ほどの話と矛盾するようだが、単に成長していないということだったりして。。

言葉にする勇気

 

最近よくGLIM SPANKYというバンドの歌を聴いている。

 

その中で「話をしよう」という歌の歌詞が心に沁みたので記したいと思う。

 

 

言っていることはこうだ(もちろん自分の解釈もあるので「こう思う」ということだ)。

 

 

いつもみんな、心の中で想って、相手に何か伝えたいことがあっても口に出さない。 

 

それは相手のことを考えて、迷惑をかけないようにしているか。

 

自分を守るため、傷ついたり、相手に悪く思われないように黙っているかだったりする。

 

 

だけれど、それが本当に良いことなのか、伝えなければ何も言わないことと同じではないのか。

 

言葉にした上で、相手のことも聞く。つまり話をするのが大事なのではないか。

 

それは決して一方通行ではない、コミュニケーションだ。

 

そうやって、想いは勇気を持って言葉にすることで初めて実体となるのではないか。

 

 

賛否両論はあるかもしれない。 

 

だけどほら、いまこう記さなければ、こんなことを考えているなんて伝わらなかったでしょう?

路線図と目的地

 

東京の路線は複雑だ。

 

沿線がいくつもあり、どの線とどの線がつながっているのか、目的地にどうすればたどり着くのかよく分からない。何を隠そう私もその口だ。

 

しかし、最近は乗り換え案内アプリが発達していて、乗る駅と降りる駅を入力すれば確実に経路が分かる仕組みになっている。素晴らしいことだ。

 

私もその恩恵に預かっていたのだが、今日はその優秀なソフトを使っても分からない自体に遭遇したので、ここに記したいと考えた。

 

私はA駅にいる。用事があるのはB駅とC駅で、その後はD駅に行かなければならない。この場合に、どのルートがいいのか分からないのだ。

 

直線上にあれば話は早いのだがそうではない。A→B→C→D、A→C→B→Dの2つの経路を比較する必要があるのだ。何度も検索する必要がありとても困ってしまった。ちょっとしたパニックとなり、最終判断が正しかったかはあまり自信がない。

 

この課題を解決できればさらに素晴らしいアプリになることだと思う。いかがでしょうか。お待ちしています。

 

なお、もう少し路線のつながりとか駅の位置とかを意識しようよ、などとは言わないでほしい。

 

それができないから検索しているのである。

 

癒しと育成

 

隙間時間に何かをしようとする必要はないのではないかという考え方がある。

 

とはいえ、何もしないでいるのは苦手なので、癒される動画を求めてアプリを探すと、育成ゲームというジャンルが見つかった。

 

クラゲ、マリモに始まり、ケサランパサランなんてものまである。どうやら癒しのジャンルではあまり表情のないものが好まれるようだ。

 

試しにクラゲをダウンロードしてみると、水の中にクラゲがぽっと浮かんでいる。

 

やることとしては少量の餌と水槽の水交換くらいで基本的にはただ眺めるということだ。

 

確かに癒される。ぼーっとすることができる。

 

物足りなさもあるのだがそれは自分のせっかちの方を改善すべきなのだろう。

 

これから自分はこのアプリをやり続けるだろうか?

 

分からないが、自分にも自分以外の人にも、ただぼーっとする時間が必要なことは言えるのではないかと思う。

 

今日のブログはこの辺でペンを置いて休もうかな。そして。

 

「ぼーっ」

 

風と音楽とPC

 

静かにPCに向かっているのが好きだ、というのは前にも言っただろうか。

 

今もそうだ。自分の好きな音楽をかけながらアプリを作り、ブログを書いているのだ。音楽をかけているのだから正確には静かとは言えないか。

 

マンションの外ではさわやかな風が吹いている。カーテンが揺れている。そして音楽が流れている。

 

その中で作品を作るのはとても気持ちがいいものだ。これこそが自分の時間、贅沢な時間と言えるのだと思う。

 

あともう一つ、静かではないものがある。それは自分の頭の中だ。

 

どんなものを作ったらいいのか頭の中がフル回転でとても騒がしい。あーでもない。こーでもない。

 

もっとも、ただ整理が付かなくてガタガタしてるだけなのかもしれないが。。

 

ガタン!

 

定額制と新しいこと

 

定額制サービスが広まっている。

映画や音楽。書籍についても存在するのではなかったか。無かったとしてもそのうち広まることは想像に固くない。

 

先日、音楽の定額制サービスに入った。目的は昔聞いた邦楽を聴くためだ。最近はCDがパソコンで再生できずに困る(そもそもうちのノートPCはCDが入らない)

 

ところが、入ってみると予想に反して有名なアーティストの音楽は見当たらない。

彼らにしてみれば、名前が売れているからCDで売った方が得ということか。まだ様子見なのかもしれない。

 

しかし、では残念だったかというと、別のところで喜びがあった。

 

私は洋楽に疎いが、しかし聴きたいと思っている。だが何を聴いたらよいかわからないで困っていた。買うには少々高すぎるし、そもそも検討がつかないのだ。

 

その点、聴き放題サービスは失敗がない。しかも、その分野で入門用の音楽などを選んでくれるのだ。これなら安心して試すことができる。

 

何が言いたいのかというと、いつも言っている気がするが、なんでもやってみるといいということだ。

 

新しいものには必ず発見がある。

 

今回学んだのは洋楽は楽しいということ。そして、よい商品はユーザの心に寄り添って”そっとおすすめ”してくれるということだ。

 

そしてもう1つ。自分の商品にはまだまだ改善の余地があるなぁ。

 

習慣とゴールデンウィーク

 

大型連休だ。長い人では9連休の人もいるだろう。気候も良いし休んで遊ぶという人は多いのではないか。

 

ところが、世の中にはそうしない人もいる。たとえば自分が教わっている先生がそうだ。

世間の流れに合わせて休むということはない。休みたいときに(おそらく短時間)休むのだそうだ。

 

自分もそう思う。やることはいつもと変わらない。

 

アプリを作り、人に意見を聞いて、また修正する。その繰り返しである。ゴールデンウィークはいつもと変わらない日常だ。特に嬉しいとも思わない。

 

さて、今日はテスト用のAndroid携帯を買いに近くのパソコンショップへ。もちろん仕事だ。

 

子どもには体験ゲームコーナーで遊んでいてもらって、自分は携帯コーナーへ。

 

Androidは今までしっかりと見たことがなかった。iPhoneと違い大きさも色も本当にまちまちだ。と、よく見ると携帯が10%引きになっている。説明を見ると、ゴールデンウィーク特別セールということだ。

 

・・なんだ、とても嬉しいではないか。ゴールデンウィーク!

 

遊びと仕事

 

今週は仕事でトラブルがあり、やりたかったことができなかった。いつも週の目標を立ててその達成に向けて一つ一つこなしていくのだが、ほとんどが終わっていない。

 

だが、よいではないか。自分は割と目的思考が強く、その達成に力を注いで”遊び”が少なくなってしまうことが多い。

 

けれどそれだと視野が狭くなりがちなのだ。疲れてもいるし、たまには目的達成を忘れ、遊びを取り入れるのも良いのではないか。

 

と、あまりやっていなかったゲームに手を出してみる。最近のゲームはよくできていて、週にこれだけのミッションをクリアしなさい、クリアしたらアイテムをあげますよと伝えてくる。

 

こうなると、ぜひ達成しなければいけない気になる。何しろアイテムがもらえるのだ。がんばらねば。

 

・・ふと気づく。これでは遊びではなく、ただの仕事ではないか!

新入社員と迎える人たち

 

4月に新入社員を迎えるという会社は多いのではないか。

 

活力、新しさ、緊張、期待。多くのものを持って彼らはやってくる。廊下ですれ違えば元気なあいさつを、話す言葉は若々しく、ぎこちない自己紹介は微笑みを生む。

 

外国では秋に新年度が始まったりするというが、日本は春だ。冬の終わりとともにやってくる新人は日本の会社の、春の風物詩と言えるのではないか。

 

先輩社員としては、春のさわやかさは無理でも、夏のギラギラ感くらいは持っていたいものだ。